米穀店、ECの売上の9割がLINE公式アカウント経由!<成功事例>

こちらの成功事例は、地元を中心に県下15市で個人、法人向けにお米の販売を行う米穀店です。

お米

アナログとデジタルの併用で、スピーディーな友だち集め

LINE公式アカウントを開設後、友だち追加用QRコードが入ったチラシの手渡しやポスティングを行い、アナログでの友だち集めを開始。

それと平行して、配送可能エリアのターゲット層となる年代向けに、1ヶ月間、友だち追加広告を配信しました。

コロナ禍の影響で、買い物での外出を控えたい、重いお米をお得に自宅まで運んでもらいたいというニーズにもマッチし、施策後1ヶ月で1000人の友だち追加となりました。

注文はLINE公式アカウントで完結!ユーザーの利便性向上で、EC全体売上の9割に

LINE公式アカウントでは、「予約受付」「問い合わせ対応」など、ユーザーの利便性向上のためのさまざまなアプリが用意されています。

この米穀店では、「リピッテ ビューティー」という予約管理を効率化できるアプリを導入し、ユーザーの利便性の向上を図りました。

ユーザーは、リッチメニューからアプリを立ち上げた後、

1.希望する配送日時を選択
2.希望する商品を選択
3.注文内容を入力

の3ステップで簡単に商品を購入することができます。

店側は商品の受注をスムーズに行うことができ、業務の軽減にもつながっています。

この施策で、LINE公式アカウント経由の注文はEC全体売上の9割を占めるまでになり、重要な売上の要となりました。

よろしければシェアをお願いします!
目次
閉じる