縮毛矯正サロン、LINE広告活用で、EC売上が全体の7割に!<成功事例>

こちらは、縮毛矯正サロンを経営しながら、ヘアケア用品を扱うECサイトも運営するサロンの成功事例です。

サービスの特性を生かし、ユーザーの悩みにフォーカスした広告運用

縮毛矯正をしたい人は髪の悩みを抱える人が多いため、そこに刺さるような文章と画像で

LINE広告を出稿しました。

さらに友だち追加後のインセンティブとして、髪のお悩み解決本ECサイトで使えるクーポンをプレゼント。

ユーザーの悩みを解決しながら同時にECサイトでの商品購入を促し、潜在顧客へとアプローチします。

運用の結果、3000人だった友だちの数は、4年で66000人になり、20倍近くの伸びとなりました。

1人1人の悩みにも丁寧に寄り添い、強い信頼関係に

友だちになったユーザーには、髪の悩みが解決できる情報のステップ配信を8回にわけて配信し、顧客育成をしています。

現在多い日には1日10人ものユーザーから、髪の悩みに関してのチャットが来ることもあり、そのひとつひとつにスタッフが丁寧に返信し、信頼関係を築いています。

このような地道な取り組みが実を結び、ECサイトの売上は総売り上げの、7割を占めるまでになりました。

このサロンのような小規模店舗の場合、来店するユーザーのみに的を絞ったマーケティングではすぐ上限が来てしまいます。

場所や時間に捉われず双方向のやりとりが可能なLINE公式アカウントをうまく活用したことで、従来出会うことのなかった多くのユーザーとつながり、売上を伸ばすことができたのです。

よろしければシェアをお願いします!
目次
閉じる