LINE公式アカウント・Lステップ料金比較

「Lステップに興味があるけど、費用が気になる」 「LINE公式アカウントの費用はどうなるの?両方だと費用がかさみそう…。」

そんなお悩みをお持ちの方に、この記事ではLINE公式アカウント・Lステップの料金表を見ながら、違いをわかりやすく解説します。

LINE公式アカウントの料金表

プラン名フリープランライトプランスタンダードプラン
月額固定費無料5,000円15,000円
無料メッセージ通数1,000通15,000通45,000通
追加メッセージ料不可5円~3円
引用:https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/plan/

LINE公式アカウントの料金プランは、3種類。

送信できるメッセージの数によって料金が変わります。

例えば、

・友だち500人に月2回メッセージを送ると、500×2=1000

この場合は1000通になるので無料プランになります。

注意点は、3吹き出しまでは1メッセージとしてカウントされるという点。

メッセージの作成時にあらかじめ3吹き出し分を作って1回のメッセージとして配信すれば、

より多くの情報を友だちに発信できます。

この例の場合、500人の友だちに、計6吹き出し分のメッセージが送れるという計算になります。

友だちの数が多い場合や、もっと多くのメッセージを配信したい場合は、ライトプラン、スタンダードプランの利用が必須です。

上記と同様の計算で、ライトプランは月に15,000通、スタンダードプランは45,000通までの配信が可能で、3吹き出しまでは1メッセージとしてカウントされるという点も同様です。

この2つの有料プランの注意点は、それぞれのメッセージ通数を超えてもメッセージ送信ができる代わりに、超過分に追加料金がかかってくること。

例えば、

ライトプランの場合で

・友だち5000人に月4回メッセージを送ると、5000×4=20000

この場合は20000通になるので、15000通を超過した500通に対して1通あたり5円の追加料金がかかることになります。

よって、1ヶ月あたりの料金は、月額固定費15000円+500×5円=17500円です。

スタンダードプランの場合は、メッセージ通数が増えるほど追加メッセージ料金が下がってくる仕組みとなっています。

※課金対象となるメッセージは、利用者側が作成して送信するタイプのもので、個別でやりとりするチャットの送受信や、自動応答メッセージなどは含まれていません。

 最初に登録した友だちに送られる挨拶メッセージも対象外です。

このように、LINE公式アカウントの料金プランの違いは配信できるメッセージ通数のみの違いとなり、使える機能は全て同じとなります。

Lステップの料金表

プラン名スタートプランスタンダードプランプロプラン
初月料金0円0円0円
スポットコンサル1回無料1回無料1回無料
リッチ画像無料プレゼント(*3)無料プレゼント無料プレゼント
月契約(税込)2,980円/月21,780円/月32,780円/月
月間配信数~1,000通~15,000通~45,000通(*)
引用:https://linestep.jp/lp/01/plan.html

Lステップの料金プランは、送信できるメッセージの数で変わるだけでなく、プランによって様々な機能の違いがあります。

プラン名スタートプランスタンダードプランプロプラン
チャット(旧1対1トーク)
個別トーク
シナリオ配信(セグメント配信)
一斉配信(セグメント配信)
キーワード応答
テンプレート
回答フォーム
リマインダ配信
タグ管理
友だち情報欄管理
カスタム検索管理
予約管理
アクション管理
データ移行
URLクリック測定
コンバージョン
サイトスクリプト
リッチメニュー
クロス分析
流入経路分析
スタッフ権限設定
引用:https://linestep.jp/lp/01/plan.html

このように使える機能は多岐に渡りますが、その中でも代表的なものを説明していきます。

これらはすべて、一番安価なスタートプランでも使える機能です。

チャットボット・自動応答機能

自動応答機能はLINE公式アカウントでも使える機能ですが、自動応答か、個別応答か、どちらか選ぶ必要があります。

Lステップでは、自動応答しながら個別応答もできるので、柔軟な対応ができ、質も向上します。

シナリオ配信

数日で完結するシナリオに沿って、1日目、2日目と順番に送っていくステップメールのLINE版です。

開封率が高く、学習効果が高いので効果が出やすいのが特徴です。

登録日に関係なく、個人に合わせたスケジュールが組めるのも利点です。

セグメント配信

友だちをカテゴリーにわけて配信できます。

「このボタンを押した人のみ」など、相手のアクションによるカテゴリー分けもできるので、ピンポイントでその人に合った配信が可能です。

申込・回答フォームの作成

セミナーなどの申込、アンケートの回答フォームなどを作成することができます。

申込フォームにおいては、送ってくれた人に対するサンキューメッセージや、数日前にリマインドが自動で送られるなどフォロー機能も充実しています。

顧客管理

LINE公式アカウント単体では、相手からのメッセージがない限り、どんな人が友だちなのかを知ることができません。

Lステップを導入すると、登録している友だちの名前とアイコンがすべて表示されるようになり、リストが作られます。

リストには、友だちが起こしたアクション(どのボタンを押したかなど)も行動履歴としてすべて記録され、詳細なリストが出来上がります。

以上、Lステップの代表的な機能を5つご紹介しましたが、これらは、業務を効率化できると同時に、友だちの反応や行動を分析できる非常に効果的なツールとなっています。

まとめ

LINE公式アカウント、Lステップの料金について解説しました。

ここから言えることは、

・より多くの友だちに、より多くのメッセージ配信をしたい場合

 →LINE公式アカウントの有料プラン

・プラスαの機能を使って業務を効率かし、友だちの反応や行動を分析したい場合

 →Lステップを導入

ということになります。

自社のLINE公式アカウントの運用目的に沿ったプランで、費用対効果の高い料金プランを選択しましょう。

よろしければシェアをお願いします!
目次
閉じる